MENU

双極性障害により障害厚生年金2級、遡及分約180万円も受給

傷病名:双極性障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給額:年額約120万円

相談時の相談者様の状況

面談に来てくださったときは、声が小さく疲れたご様子でした。 

上司のパワハラを受け、ストレスが増大し、不眠になりました。

ご家族に勧められ心療内科を受診。

抑うつ状態と診断されました。

状態が悪化したため休職を開始。職場復帰することを考えるだけで、気持ちが落ち込んでしまい、復帰を断念し退職しました。

1年ほどすると、気分が高揚し何でもできると思えるようになりましたが、半年後には気分が一気に落ち込み、現在もうつ状態が続いています。

日常生活に支障がある点を取りまとめ、診断書作成の参考資料として医師に渡しました。

障害認定日請求のため、認定日当時および現在の状態をそれぞれの診断書が必要でした。状態を正確に写した診断書を作成していただくことができました。

日常生活に支障がある状態を詳細に病歴就労状況等申立書に記載しました。

結果

障害厚生年金2級に決定しました。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神双極性感情障害」の記事一覧