MENU

うつ病で障害認定日にリワーク中、現在障害者枠でフルタイム就労中に障害厚生年金3級が決定し、遡及2年分も受給した事例

傷病名: うつ病

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給額:約58万円、遡及分120万円

相談時の相談者様の状況

障害者枠ですがフルタイムで仕事をしています。受給の可能性はありますか?とおっしゃり面談に来てくださいました。

お話を伺うと入社直後から上司の暴言がありましたが、会社とはこんなものなのだろうと我慢しながら就労していました。その後異動があり次の上司からもさらにひどい暴言を浴びせられ、不眠や吐き気が出現したため精神科を受診。うつ病と診断され休職を指示されました。

復職後にパワハラで労災を申請し認定されました。障碍者手帳を取得し退職。次の勤務先を見つけ、現在の会社へ就職しました。

相談から請求までのサポート

障害認定日が休職中とはいえ職場復帰直前のリワーク期間に当たること、また現在もフルタイムで勤務中であることから、受給の可能性は低いかもしれないと考えましたが、ご本人の意思を尊重し障害認定日請求をしました。

病歴就労状況等申立書には、病状はもちろん会社での勤務状況、受けている配慮、業務内容をできるだけ詳しく記載し、診断書を補完するものに仕上げました。

結果

障害認定日および現在ともに3級の決定となりました。

リワーク期間であってもフルタイム勤務中であっても、病状、業務内容、勤務実態などによっては受給の可能性があることが証明されました。

ご本人は、障害年金を治療費に使って治していきたいと考えていらっしゃり、サポートした当事務所としてもとてもうれしく思いました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神うつ病」の記事一覧