MENU

統合失調症で障害厚生年金2級

統合失調症 

男性30代

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給額:年額約125万円

相談時の相談者様の状況

人間関係に恵まれ通常に勤務していたのですが、突然、24時間監視されている、自分の頭の中が見られていると感じ、周囲の人や家族までも信じられなくなり、退職せざるを得なくなりました。仕事をしたい気持ちは強く就職するのですが、また同じように周囲の人の行動が怪しいと感じ人間関係を築くことができず退職。これを繰り返していました。

心配したご家族がご相談に来てくださいました。

相談から請求までのサポート

現在の主治医が診断書を書くことはできないとおっしゃったため転院する必要がありました。転院先で数か月治療を受けたのち診断書を作成していただきました。

ご家族が発症から現在までの膨大な資料をお持ちでしたので、重要部分をピックアップし時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

結果

障害厚生年金2級が決定し、約125万円を受給することになりました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神統合失調症」の記事一覧