MENU

うつ病により障害厚生年金2級を取得し、年金額約120万円を受給

相談者:男性

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

傷病名:うつ病

支給月から更新月までの総支給額:約120万円

相談時の相談者様の状況

ご相談を受けたときはフルタイムでお仕事をされていましたが、有給休暇はすべて消化済みであり昼休みは机に突っ伏して寝ている、土日は1日中寝ている、食欲がなくPスエットしか飲まない日があるなど体調が相当悪い中でなんとか仕事をしている状態でいらっしゃいました。

通院先の医師から「仕事を続けるのは無理、退職し療養したほうがいい」と勧められ、障害年金受給を考えるようになりました。

相談から請求までのサポート

「医師の勧めに従って退職することにしたのでサポートをお願いしたい」とご依頼いただきました。退職は9月末に決まっていましたが、退職前から書類の準備を始めました。

発病から退職までの体調、ようやく通勤し勤務していたこと、日常生活で困っていること、支障のある点、退職せざるをえない状態などを丁寧にヒアリングし病歴就労状況等申立書を作成しました。

医師に診断書を書いていただく際には、作成した申立書を参考資料として添付しました。
初診時からずっと同じ医師に診ていただいていたこと、医師が障害年金に大変理解のある方であったことから、快く応じていただくことができました。

診断書は生活状況7項目のうち「自発的勝つ適正に行うことはできないが助言や指導があれば出来る」が5つ、「できない・行わない」が2つ、また「精神障害」の部分では(4)に○があり、充分2級相当であると推定される内容でした。

結果

厚生年金2級に決定し、年金額は約120万円となりました。ご本人から「充分な結果です」と喜んでいただけ、サポートした私もとてもうれしく思いました。

今回のケースでは、ヒアリングによる詳細な病歴就労状況等申立書を作成したこと、申立書の内容を医師が診断書にきちんと反映してくださったことが受給につながったと思います。

医師に診断書を依頼する方法はいくつかありますが、ご本人と医師との関係を重視しながら最善の方法を取れたと思いました。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神うつ病」の記事一覧