MENU

提出期限が迫った状態でサポート開始、双極性障害で障害基礎年金2級約78万円受給

傷病名:双極性障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給金額:約78万円

相談時の相談者様の状況

ご家族が現在の診断書を取得されましたが、初診日の証明ができず時間が経過し、提出期限(事後重症の診断書の有効期限は現症日から3ヶ月以内です)が2週間後に迫った状態で当センターへご相談にいらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

初診のクリニックが廃院のため受診状況等証明書が取れず第三者証明を取得する方向で進めていらっしゃり、誰に書いてもらえばいいでしょうかというご相談でした。

お話をうかがうと2番目に通院されたクリニックにはまだ連絡をしていないとのことでした。早速連絡を入れたところ初診のクリニックの紹介状があることがわかり、初診日の証明ができました。

ご本人およびご家族から詳しくヒアリングした内容を病歴就労状況等申立書にまとめ、提出期限前に事後重症で請求しました。

 

結果

結果、障害基礎年金2級が決定しました。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神双極性感情障害」の記事一覧