MENU

統合失調症および発達障害で障害基礎年金2級が決定

統合失調症、発達障害

男性20代

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給額:年額約80万円

相談時の相談者様の状況

クリニックのご紹介で当事務所へ来てくださいました。小中高と成績はよかったのですが、人と交わることができず、クラスメートによるいじめを受けることもありました。

高校生のときに医務室の先生から精神科受診を勧められ統合失調症と診断されました。大学へ進学しましたが、なかなかついていけず、休学していました。仕事をしたいという気持ちはあるのですが、バイトに行っても数日で辞めてしまうことを繰り返していました。

相談から請求までのサポート

高校生のときに統合失調症を発症し、この時が初診でした。その後、大学生になって発達障害を疑い、発達障害に大変詳しいクリニックで、発達障害と診断されました。

統合失調症と診断されたあとに、発達障害が判明したケースについては、別疾病ではなく「同一疾病」として扱うこととされています。

発達障害の場合は、病歴就労状況等申立書を出生から記載しますので、出生からヒアリングをしました。学校のこと、クラスメートのこと、勉強のことなどを、ご本人はあまり積極的に話したがらなかったのですが、なんとかエピソードなどを聞き出し、病歴就労状況等申立書をまとめました。また日常生活で困っていることを丁寧に病歴就労状況等申立書に記載しました。

そして、病歴就労状況等申立書と診断書様式を現在の主治医にお渡しし、作成をお願いしました。その後、丁寧に書いていただいた診断書を見て、2級に届くのではないかと思いました。ただ、障害認定日当時の主治医に診断書を書いていただくことができなかったため、やむなく事後重症請求をしました。

結果

無事障害基礎年金2級が決定しました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神発達障害統合失調症」の記事一覧