MENU

主治医に障害年金は無理と言われたが障害厚生年金3級受給した例

傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給額:約58万円

相談時の相談者様の状況

主治医に障害年金受給は無理ですよと言われたけれど、本当に無理でしょうかとおっしゃり、可能性を確かめたいと無料相談にいらっしゃいました。

お話をうかがうと、就業は無理であり、家事もご主人に助けてもらっていること、希死念慮もあることがわかりました。

初診のメンタルクリニックは廃院していました。しかし、診察券があり、そこに初診日が記載されていました。転院先である現在の主治医に初診のクリニックのことをきちんと伝えてあることもわかりました。

 

相談から請求までのサポート

精神の傷病の方には、医師に自分の状態をうまく伝えられない方や医師の前では軽快したようにふるまってしまう方が多いと感じていましたので、主治医に現状を正確に伝えられていない可能性があると判断し、現状を詳しくヒアリングし、これをまとめました。そして診断書作成依頼に同行し、参考資料として主治医に渡しました。「受給は無理」とおっしゃっていた医師でしたが、「書きましょう」と言ってくださりました。出来上がった診断書には、参考資料の内容が落とし込まれていました。

また病歴就労状況等申立書にもヒアリング内容を細かく記載しました。結果、障害厚生年金3級に決定しました。

通院の際は、病状や日常生活で困っていることなどを主治医に伝えておくことがとても重要です。

 

結果

障害基礎年金3級に決定し、約58万円が支給されました。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神うつ病」の記事一覧