MENU

精神遅滞により障害基礎年金2級決定し加給を含め約78万円受給した事例

傷病名:精神遅滞

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給額:約78万円

相談時の相談者様の状況

「精神遅滞での障害年金受給はとても難しいと聞いていたのでサポートをお願いします」とおっしゃりご家族の方が面談に来てくださいました。

相談から請求までのサポート

お話をうかがうと、お子さんは愛の手帳総合判定3度で、現在障害者枠で就職中とのことでした。

病歴就労状況等申立書は出生から記載始めました。

ご家族が詳細にまとめてくださっていたため、大変助かりました。

現在の業務内容、ジョブコーチによる指導など会社から受けているサポート内容、家庭内でのさまざまなサポート、日常生活においてできないことなどを、ヒアリングに基づき加筆しました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、ご家族にも喜んでいただけました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神精神遅滞」の記事一覧