MENU

障害者枠にて就職内定後に反復性うつ病性障害・注意欠如多動症・自閉症スペクトラムにて障害基礎年金2級を受給した事例。

傷病名:反復性うつ病性障害・注意欠如多動症・自閉症スペクトラム

性別(年齢):女性(20代)

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給額:年額約78万円

相談時の相談者様の状況

クリニックからのご紹介でご本人が相談にきてくださいました。

小学校のころから「忘れ物をしないこと、時間割どおりに教科書を揃えること、部屋の片づけをすること」とご家族からいつも言われていました。大学生になってから道に迷う、口頭の指示だけでは理解できない、突然泣き出してしまう、などがあり、ご家族の勧めで精神科を受診し、反復性うつ病性障害・注意欠如多動症・自閉症スペクトラムと診断されました。

主治医に勧められ、障害年金受給を考えるようになりました。

相談から請求までのサポート

出生のときからのエピソードを詳しくヒアリングしました。ご家族からもいろいろ情報をいただき、日常生活にどれくらいの支障があるかをまとめました。

医師に診断書作成依頼をしたころから障害者枠による就職活動を開始し、内定が出ました。そのため診断書の就労状況の部分に「内定あり」との記載がありましたので、実際に採用になるかは不明であること、採用となっても雇用契約の更新に大きな不安があることなどを病歴就労状況等申立書に記載しました。

結果

結果、障害基礎年金2級が決定しました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神注意欠陥多動性障害反応性うつ病自閉症スペクトラム」の記事一覧