MENU

反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級約140万円、5年の遡及分も受給

傷病名:反復性うつ病性障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

受給金額:約140万円、5年分遡及

相談時の相談者様の状況

通院以外外出しないのですが、今日は気力体力を振り絞って来ました、とおっしゃって当事務所へご相談にきてくださいました。

就職直後から、資格を取得し父の事業を継ぐようにと強く言われ、プレッシャーに押しつぶされそうになりました。数年後事業を引き継ぎましたが経営に悩み、自分を責めるようになり不安、不眠、嘔吐などの症状が出現しました。自分でもおかしいと思い診療内科を受診したところうつ病と診断され投薬による治療を開始しました。自信を失い生きている意味がないと感じ、線路の上に横になるなどの希死念慮も出現しました。

その後父に勧められ転院し、直後2ヶ月間入院。3年後にも2ヶ月間入院しました。15年ほど同院へ通院しましたが、主治医引退のため近隣のクリニックへ転院しました。現在も通院以外は部屋に閉じこもる生活が続き、家族のサポートがなくては日常生活が送れない状態が続いていました。

 

相談から請求までのサポート

初診が20年以上前のためカルテはすでに廃棄されていましたが、初診日がわかるPC画面を入手することができました。また2番目の病院のカルテに初診の通院先が書かれており診断書にその旨をきちんと記載していただくことができたので、初診日の証明ができました。

障害認定日の診断書を作成いただいた2番目の病院の医師は、当時の主治医が不在だった際に1度だけご本人を診察したことがあり、当時のことを記憶していらっしゃいました。そのため診断書依頼が非常にスムーズに行きました。

現在の主治医にも参考資料として病状の詳細をお渡しし診断書を作成していただきました。

 

結果

結果、障害厚生年金2級が決定し、遡及5年分も受給することができました。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神反復性うつ病性障害」の記事一覧