MENU

障害認定日休職中で3級、現在2級で170万円、遡及分350万円も受給

傷病名:障害認定日:うつ病エピソード  現在:双極性感情障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給額:年額約140万円

相談時の相談者様の状況

ご家族と一緒に面談に来てくださいました。

8年前、集中力の低下、考えがまとまらない、頭痛などの症状が現れ、上司に勧められ診療内科を受診しました。

「抑うつ神経症」で投薬による治療を開始しました。

その後異動があり気分が一新したのも束の間、月100時間の残業が数ヶ月続きました。

朝起きられなくなり頻繁に欠勤するようになりました。

頭痛がさらにひどくなり、ホームで飛び込みたいと思うようになりました。

主治医に告げたところ、1ヶ月休職するよう指示が出ました。

休職中はなんとか生きている状態で、日常生活は全面的に家族に頼っていました。

1年後主治医から復職OKが出て職場復帰したものの、数ヵ月後には出社不能となり会社から休職命令が出ました。

1年半休んだのち復職を試みましたが数日で断念。

再度休職に入り、最終的に退職を選択しました。

その後数年が経過した現在もなお就労の目途が立たないことから、家族に勧められ障害年金請求を決断しました。

相談から請求までのサポート

神経症は原則として障害年金の対象となりません。

ただし精神病の病態を示している場合は、その旨が診断書に記載されれば対象となります。

医師にこれを説明しようとしましたが、「当時は休職中で、なんとか生きている状態であったこと」を理解してくださりその結果「うつ病エピソード」の病名で請求でき、説明は不用でした。現在は双極性感情障害で請求しています。

結果

障害認定日が3級、現在が2級と決定しました。遡及分は時効のため5年分を受け取りました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神双極性感情障害」の記事一覧