MENU

発達障害フルタイム勤務で障害基礎年金2級決定

傷病名:広汎性発達障害・注意欠如多動症

年令:20代

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給額:年額約78万円 (2年分の遡及あり)

相談時の相談者様の状況

医師からのご紹介で、ご両親と一緒に面談に来てくださいました。

面談中、ご本人はうつむいてほとんど発言されませんでした。代わりにご両親から経緯を伺いました。現在、障害者枠にてフルタイム勤務とうかがい、ハードルはかなり高いとお伝えしましたが、ご家族のご希望で、申請に向け進めることにしました。

相談から請求までのサポート

初診日が現在の通院先ですので、受診状況等証明書を省くことができました。病歴就労状況等申立書は、誕生から現在までご家族が詳細に書いてくださいました。当方で内容を取捨選択させていただき、日常生活状況を加筆し、最終版に仕上げました。

この申立書と診断書様式を主治医にお渡しし、診断書作成をお願いしました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、ご本人・ご家族に大変喜んでいただけました。

発達障害の認定基準は、社会性やコミュニケーション能力の程度、社会行動に問題があるか、などが認定のポイントになります。これにプラスして、労働している場合は、仕事の種類、内容、職場でどのような援助や配慮を受けているか、などから総合的に判断されます。

障害者枠・フルタイム勤務の方の受給事例がまた一つ加わり、当センターとしても大変うれしい結果となりました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神発達障害注意欠如多動症」の記事一覧