MENU

医師とのコミュニケーションがスムーズに行き、障害厚生年金3級を受給した事例

傷病名: 反応性うつ病

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給額:約62万円

相談時の相談者様の状況

会社の役員として勤務していたが、ストレスにより反応性うつ病を発症しました。

その後、会社を解散することになり、現在は無職。

不眠・緊張・抑うつ気分のため精神科を受診されました。障害年金の受給を考え、当事務所に相談似いらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

初診の状況から現在までの状況・病状・日常生活などを詳しくヒアリングし、事後重症での請求をすることにしました。

医師とのコミュニケーションが非常によく取れていたため、診断書の作成依頼もスムーズに進みました。

当事務所では、ヒアリングに基づき病歴就労状況等申立書の作成をし、最終的にすべての書類の整合性を確認し、障害年金の請求を行いました。

 

結果

障害厚生年金3級の受給が決定しました。

医師とのコミュニケーションがうまくいっていること、自分の状態をきちんと把握して貰えることが診断書作成には大変重要です。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神反応性うつ病」の記事一覧