MENU

残遺型統合失調症で障害基礎年金2級決定で約78万円受給。

傷病名:残遺型統合失調症

性別(年齢):

請求方法:

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級決定

受給金額:約78万円受給

相談時の相談者様の状況

仕事を続けることができないことが辛いとおっしゃり、当事務所へご相談に来てくださいました。

高校を卒業し専門学校に進学した頃から、何か行動しようとすると「信じられない」「止めておけ」という声が頻繁に聞こえるようになりました。

周囲の人たちが自分の悪口を言っている、避けられていると感じ始めました。心配したご家族と一緒に精神科を受診し、統合失調症と診断されました。

その後就職しましたが、幻聴、不眠による昼夜逆転、被害妄想が続き、退職。その後も就職はしてもどうしても続けることができず、20年以上に渡り短期の就労を繰り返していました。

最短では1週間で退職することもありました。現在は残遺型統合失調症と診断されていました。

相談から請求までのサポート

初診がかなり前のことだったのでカルテがあるか心配しましたが運良く残っていたため、受診状況等証明書を取得することができました。

また現在通院中の医師に病状が正確に伝えることができないとおっしゃるので同行し事前に作成した病歴就労状況等申立書をお渡ししながら、就労が安定しないこと、他者と交流できなこと、意欲が低下していることなどをお伝えし、診断書作成を依頼しました。

 

結果

 

無事、障害基礎年金2級に決定しました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「」の記事一覧