MENU

乳がんで社会的治癒が認められた事例

傷病名:乳がん

性別(年齢):女性(50歳代)

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

請求方法:認定日請求

年額:年額約130万円

 

相談時の相談者様の状況

『癌の場合でも社会的治癒を使えますか? 』他の事務所さんでは無理といわれましたが、とおっしゃってご夫婦で面談に来てくださいました。

平成19年に発症し手術を受け、その後治療に専念しました。平成25年に治療が終了し、その後は定期的に経過観察のみを続けていました。治療終了ごろから仕事を再開。就職し、フルタイム勤務をしていました。日常生活にも問題はありませんでした。

平成31年、腫瘍マーカーの数値が上昇したため精査したところ、多発転移が確認されました。治療開始と同時に退職し、現在は治療および療養に専念している状況です。

 

相談から請求までのサポート

初診日のころは国民年金第3号被保険者でした。再発時は厚生年金加入です。

治療終了から再発までの期間が6年ほどあり、その間、完全に社会復帰されていたことから、社会的治癒により再発日を初診日として書類を集め請求しました。

 

結果

障害厚生年金2級に認定されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「がん乳がん」の記事一覧