MENU

「疼痛で障害年金は受給できない」と言われ当センターへ、複合性局所疼痛症候群(CRPS)にて障害厚生年金2級決定。

傷病名 :複合性局所疼痛症候群(CRPS)

性別(年齢):女性(40代)

決定した年金種類と等級 : 障害厚生年金2級

支給額 :年額約130万円

 

相談時の相談者の状況

複数の社労士から、「疼痛で障害年金は受給できない」と断られたとおっしゃり、当センターへ相談に来てくださいました。整形外科で末梢神経障害性疼痛と診断され治療を受けましたが、改善しませんでした。

仕事に支障が出始め、休職を余儀なくされました。その後、治療に疑問を持ち、転院を繰り返し、さまざまな治療を受けましたが、疼痛や拘縮が改善することはありませんでした。

最終的に複合性局所疼痛症候群(CRPS)との診断を受け、治療を継続し、復職することなく、退職せざるを得ませんでした。

 

相談から請求までのサポート

相談を受け、ヒアリングを行ったところ、左手が使えない、両手が必要な動作ができない、など日常生活動作にかなり支障があることから障害年金受給の可能性があると判断しました。

疼痛のため最初に通院した医療機関を初診日として受診状況等証明書を取得しました。

診断書には複合性局所疼痛症候群(CRPS)であることを示す諸症状を的確に書いていただくよう、依頼内容を細かくご本人に示し、ご本人から主治医へ伝えていただきました。

病歴就労状況等申立書には、日常生活で困っていることを訴えました。

 

結果

結果、障害厚生年金2級に認定されました。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「難病肢体」の記事一覧