MENU

CRPSでの実績のある所を探して遠方からのご相談。障害厚生年金3級決定。

傷病名:CRPS(複合性局所疼痛症候群I型)

性別(年齢):男性(40代) 

請求方法:障害認定日請求

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級

受給額:年額約70万円

相談時の相談者様の状況

年金事務所に相談し説明を聞いたが、よく理解できなかったのでCRPSの実績のあるところに任せたいとおっしゃり、遠方より電話をくださいました。

膝関節を捻ったことから脚全体が痛み始め、痺れや感覚麻痺も出現し、歩行に杖が必要となりました。大病院で精査したところCRPSと診断されました。治療を続けていますが、膝から下が腫れ、痛みや感覚異常が強く、階段、段差、人混みなどでは危険を感じ、時には家族の付き添いが必要になり、会社を退職しました。その後、脚に負担のかからない業務のできる会社へ就職しました。

 

相談時から請求までのサポート

捻挫で受診した整形外科で受診状況等証明書を取得しました。

CRPSと認定されるためにはいくつかの要件があります。主治医はCRPSの専門医であり、要件もよくご存じでしたので、的確な診断書を取得することができました。

痛みのため下肢の機能にどれだけ障害があるかが問われますので、日常生活の状態を詳しくヒアリングし、参考資料を作成し、本人の状態を正確に診断書に書いていただくことができました。

 

結果

障害厚生年金3級に認定され、ご本人に大変喜んでいただけました。

 

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「CRPS肢体」の記事一覧