MENU

腰部脊柱管狭窄症および頚椎症性脊髄症により障害厚生年金3級受給。

傷病名:腰部脊柱管狭窄症および頚椎症性脊髄症

性別(年齢):男性(40代) 

請求方法:障害認定日請求

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級

受給額:年額約70万円

 

相談時の相談者様の状況

知人の紹介で相談に来てくださいました。突然、足が痺れ、脱力があったため整形外科を受診しました。病名が確定しない中、リハビリを続けていたところ、1年後に状態が悪化し、手指の痺れや脱力、脚の感覚障害も現れました。現在は、歩行障害が強くなり、杖使用となりました。長時間座っていると身体が固まってしまうといった症状もありました。最終的に腰部脊柱管狭窄症および頚椎症性脊髄症と診断されました。

 

相談時から請求までのサポート

日常生活動作について、困っていることをヒアリングし、参考資料を作成しました。ご本人の状態を正確に診断書に書いていただくことができました。

 

結果

障害厚生年金3級に認定されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「腰部脊柱管狭窄症頚椎症性脊髄症肢体」の記事一覧

関連アイテムはまだありません。