MENU

高次脳機能障害

20数年前の交通事故で高次脳機能障害発症。障害基礎年金2級決定した事例。

傷病名 :頭部外傷による高次脳機能障害 性別(年令):女性(40代) 決定した年金種類と等級 :障害基礎年金2級 請求方法:事後重症請求 支給額 :年額約78万円 相談時の相談者の状況 高次脳機能障害の相談会からのご紹介で、ご家族で当事務所へ来てくださいました。 高校卒業直後の交通事故で頭部を負傷。 その後、身体に多少の麻痺が残ったため身体障害手帳を取得し、障害者枠で就職しました。 続きを読む

海外での初診日を証明し、高次脳機能障害にて障害基礎年金2級を取得した事例。

傷病名:高次脳機能障害 性別(年齢):男性(30歳代) 請求方法:事後重症請求 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年額約78万円  相談時の相談者様の状況 ご家族が相談に来てくださいました。自分で請求しようとしたができなかったとのことで、膨大な資料を持っていらっしゃいました。19歳のときに海外で交通事故にあい、急性期およびリハビリ期を経て帰国しました。左半身に障害があり 続きを読む

請求者本人が、年金事務所の窓口で誤った初診日を伝えてしまったが、その後、2番目に取得した受診状況等証明書に基づき正しい初診日で診断書を書いてもらい、高次脳機能障害で厚生年金3級を受給した事例。

傷病名:高次脳機能障害 性別(年齢):女性(30代) 請求方法:認定日請求 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 支給額:年額約58万円   相談時の相談者様の状況 相談者様は、「自分で受診状況等証明書を取って年金事務所で相談したが、このあとどのように進めたらいいのかわからない」とおっしゃり相談に来てくださいました。 数年前に実家で一度、軽い脳出血を起こし入院したこと 続きを読む

交通事故による脳挫傷後に高次脳機能障害発症、障害基礎金2級を受給。

傷病名:脳挫傷、高次脳機能障害 性別(年齢):女性(40代) 請求方法:認定日請求 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:年額約78万円   相談時の相談者様の状況 支援者からのご紹介でサポートをすることになりました。交通事故により脳挫傷になり、リハビリを続けましたが、高次脳機能障害を後遺しました。記憶障害、感情のコントロールができない、他人との意思疎通が難しい 続きを読む

追突事故による脳挫傷後に高次脳機能障害発症。その後、厚生年金に加入したが障害基礎金1級を受給。

傷病名:脳挫傷、高次脳機能障害 性別(年齢):男性(40代) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給額:年額約150万円(加算を含む)、遡及額約300万円   相談時の相談者様の状況 以前サポートした方からのご紹介で、ご家族が相談に来てくださいました。通勤中の高速道路で追突され、車がつぶれるほどの事故に遭い脳挫傷となりました。治療後リハビリに励みましたが、退院後、子供 続きを読む

初診時に「高次脳機能障害あり」との記載があった受診状況等証明書。修正を依頼して、障害厚生年金2級を受給した事例。

傷病名:高次脳機能障害 性別(年齢):男性(50代) 決定した年金額と等級:障害厚生年金2級 支給額:年間約200万円 相談時の相談者様の状況 家族会からのご紹介でご家族が面談に来てくださいました。 脳梗塞後に高次脳機能障害を発症されました。リハビリ入院を経て自宅療養が始まったことで、ご家族が様々な症状に気づき、職場復帰を断念されました。その後も就労できない状態が続いています。 お話 続きを読む

クモ膜下出血(前交通動脈瘤破裂)後に高次脳機能障害発症、障害厚生年金2級を受給。

傷病名:高次脳機能障害 性別:男性(40代) 決定した等級:障害厚生年金2級 支給額:年間140万円 相談時の相談者様の状況 セミナーで当事務所の講演を聞いたとおっしゃりご家族が面談に来てくださいました。 吐き気と頭痛のためご本人が救急車を呼び搬送され、クモ膜下出血(前交通動脈瘤破裂)と診断されて開頭クリップ手術を受けました。術後、膿漏および右尾状核の損傷が確認され、退院時には高次脳機 続きを読む

交通事故による高次脳機能障害・どの診断書を出すか? 障害基礎年金1級受給

傷病名:高次脳機能障害 性別:男性(40代) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給額:年額約97万円   相談時の相談者様の状況 高次脳機能障害の講習会で当事務所の講演を聞いたとおっしゃり、ご相談に来てくださいました。 出勤途中で車にはねられ反対車線まで飛ばされ頭部を強打し、救急搬送先されました。意識が戻ってからは、感情のコントロールができず、人格が変わっていまし 続きを読む

海外駐在中に脳腫瘍を発症し地元の病院に救急搬送。初診日を証明するために苦労したが、結果として高次脳機能障害で障害厚生年金2級受給。

傷病名:高次脳機能障害  性別(年齢):男性(40代) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給額:年額約200万円、遡及額約400万円   相談時の相談者様の状況 東京高次脳機能障害協議会様の講習会で社労士・中村の講義を聞いたとおっしゃり、事務所へ来てくださいました。海外で脳腫瘍を発症し、高次脳機能障害を後遺されたご子息についてのご相談でした。 海外事務所に勤務中、 続きを読む

脳挫傷により障害基礎年金1級受給。

傷病名:脳挫傷 性別(年齢): 請求方法: 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 受給額:年額約97万円 相談時の相談者様の状況 面談にはご家族が来てくださいました。 交通事故で頭部を負傷し、救急搬送先で、脳挫傷、頭蓋骨骨折、急性硬膜下血腫と診断され、食事・移動(車椅子乗降時2人介助)・排泄・清潔・コミュニケーション・内服等ADLは全介助となりました。 その後リハビリのため転院 続きを読む

<< 前の記事を見る