MENU

高次脳機能障害

高次脳機能障害および肢体の機能障害により障害厚生年金1級に認定された事例。
高次脳機能障害および肢体の機能障害により障害厚生年金1級に認定された事例

傷病名:高次脳機能障害および肢体の機能障害 性別(年齢):男性(50代) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 請求方法:認定日請求 受給額:年額約150万円 相談時の相談者様の状況 高次脳機能障害支援団体のご紹介により、ご家族と一緒に当事務所へ相談に来てくださいました。交通事故が原因で、高次脳機能障害による認知障害(記憶障害、遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害など)が認められ 続きを読む

リハビリテーション病院からのご紹介。高次脳機能障害にて障害基礎年金2級を受給した事例。
リハビリテーション病院からのご紹介。高次脳機能障害にて障害基礎年金2級を受給した事例

傷病名:高次脳機能障害 性別(年齢):男性(50代) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 年額:年額約78万円 相談時の相談者様の状況 リハビリ病院からのご紹介でサポートしました。 友人と電話中に、突然呂律が回らなくなりました。その友人が救急要請し、入院。脳梗塞が確認され治療を受けました。リハビリ病院へ転院後に他の患者さんと何度もトラブルを起こし、退院を迫られました。金銭管理がで 続きを読む

20数年前の交通事故で高次脳機能障害発症。障害基礎年金2級決定した事例。
20数年前の交通事故で高次脳機能障害発症。障害基礎年金2級決定した事例

傷病名 :頭部外傷による高次脳機能障害 性別(年令):女性(40代) 決定した年金種類と等級 :障害基礎年金2級 請求方法:事後重症請求 支給額 :年額約78万円 相談時の相談者の状況 高次脳機能障害の相談会からのご紹介で、ご家族で当事務所へ来てくださいました。 高校卒業直後の交通事故で頭部を負傷。 その後、身体に多少の麻痺が残ったため身体障害手帳を取得し、障害者枠で就職しました。 続きを読む

海外での初診日を証明し、高次脳機能障害にて障害基礎年金2級を取得した事例。
海外での初診日を証明し、高次脳機能障害にて障害基礎年金2級を取得した事例

傷病名:高次脳機能障害 性別(年齢):男性(30歳代) 請求方法:事後重症請求 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年額約78万円  相談時の相談者様の状況 ご家族が相談に来てくださいました。自分で請求しようとしたができなかったとのことで、膨大な資料を持っていらっしゃいました。19歳のときに海外で交通事故にあい、急性期およびリハビリ期を経て帰国しました。左半身に障害があり 続きを読む

請求者本人が、年金事務所の窓口で誤った初診日を伝えてしまったが、その後、2番目に取得した受診状況等証明書に基づき正しい初診日で診断書を書いてもらい、高次脳機能障害で厚生年金3級を受給した事例。
請求者本人が、年金事務所の窓口で誤った初診日を伝えてしまったが、その後、2番目に取得した受診状況等証明書に基づき正しい初診日で診断書を書いてもらい、高次脳機能障害で厚生年金3級を受給した事例

傷病名:高次脳機能障害 性別(年齢):女性(30代) 請求方法:認定日請求 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 支給額:年額約58万円   相談時の相談者様の状況 相談者様は、「自分で受診状況等証明書を取って年金事務所で相談したが、このあとどのように進めたらいいのかわからない」とおっしゃり相談に来てくださいました。 数年前に実家で一度、軽い脳出血を起こし入院したこと 続きを読む

肢体の障害年金が支給停止中であったが、高次脳機能障害で事後重症請求し、障害基礎年金2級復活した事例。
肢体の障害年金が支給停止中であったが、高次脳機能障害で事後重症請求し、障害基礎年金2級復活した事例

傷病名:脳挫傷後遺症による高次脳機能障害 性別(年齢):男性(30代) 請求方法:事後重症請求(支給停止事由解除) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 年額:年額約78万円   相談時の相談者様の状況 医師からのご紹介でご本人とご家族が相談に来てくださいました。交通事故後、肢体で障害年金2級を受給していました。しかし更新時に3級と判定され支給停止になりました。ご家族が 続きを読む

交通事故による脳挫傷後に高次脳機能障害発症、障害基礎金2級を受給。
交通事故による脳挫傷後に高次脳機能障害発症、障害基礎金2級を受給

傷病名:脳挫傷、高次脳機能障害 性別(年齢):女性(40代) 請求方法:認定日請求 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給額:年額約78万円   相談時の相談者様の状況 支援者からのご紹介でサポートをすることになりました。交通事故により脳挫傷になり、リハビリを続けましたが、高次脳機能障害を後遺しました。記憶障害、感情のコントロールができない、他人との意思疎通が難しい 続きを読む

追突事故による脳挫傷後に高次脳機能障害発症。その後、厚生年金に加入したが障害基礎金1級を受給。
追突事故による脳挫傷後に高次脳機能障害発症。その後、厚生年金に加入したが障害基礎金1級を受給

傷病名:脳挫傷、高次脳機能障害 性別(年齢):男性(40代) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給額:年額約150万円(加算を含む)、遡及額約300万円   相談時の相談者様の状況 以前サポートした方からのご紹介で、ご家族が相談に来てくださいました。通勤中の高速道路で追突され、車がつぶれるほどの事故に遭い脳挫傷となりました。治療後リハビリに励みましたが、退院後、子供 続きを読む

もやもや病及び脳梗塞による高次脳機能障害で障害厚生年金2級決定。
もやもや病及び脳梗塞による高次脳機能障害で障害厚生年金2級決定。

傷病名:もやもや病及び脳梗塞後の高次脳機能障害 年令:40代 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給額:年額約130万円 相談時の相談者の状況 別の社労士に依頼したが、思うように対応してもらえなかったとおっしゃり、当事務所へ来てくださいました。 相談から請求までのサポート 日常生活について質問をすると、「自分でできる」とおっしゃるのですが、面談シートを記入する際に思いせない漢 続きを読む

海外で交通事故にあったケース。英文診療情報提供書(紹介状)を翻訳して初診を証明。
海外で交通事故にあったケース。英文診療情報提供書(紹介状)を翻訳して初診を証明

傷病名:高次脳機能障害 性別:男性(40代) 決定した年金額と等級:障害厚生年金2級 支給額:年間約210万円 相談時の状況 医療機関よりのご紹介でご家族も一緒に面談しました。 海外で交通事故にあい、意識不明になりました。ご家族が日本での治療を希望したため、ストレッチャーで帰国。その後意識は戻りましたが、高次脳機能障害が残存しました。 電車内などの公共の場でも感情をむき出しにしてしま 続きを読む

<< 前の記事を見る