MENU

肢体

腰部脊柱管狭窄症および頚椎症性脊髄症により障害厚生年金3級受給。

傷病名:腰部脊柱管狭窄症および頚椎症性脊髄症 性別(年齢):男性(40代)  請求方法:障害認定日請求 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年額約70万円   相談時の相談者様の状況 知人の紹介で相談に来てくださいました。突然、足が痺れ、脱力があったため整形外科を受診しました。病名が確定しない中、リハビリを続けていたところ、1年後に状態が悪化し、手指の痺れや 続きを読む

CRPSでの実績のある所を探して遠方からのご相談。障害厚生年金3級決定。

傷病名:CRPS(複合性局所疼痛症候群I型) 性別(年齢):男性(40代)  請求方法:障害認定日請求 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年額約70万円 相談時の相談者様の状況 年金事務所に相談し説明を聞いたが、よく理解できなかったのでCRPSの実績のあるところに任せたいとおっしゃり、遠方より電話をくださいました。 膝関節を捻ったことから脚全体が痛み始め、痺れや感覚 続きを読む

関節リウマチで障害厚生年金2級を受給した事例。

傷病名:関節リウマチ 性別(年齢):女性(40代)  請求方法:事後重症請求 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額約150万円   相談時の相談者様の状況 肩の痛みがあり近くの整形外科を受診し、血液検査の結果、リウマチの専門病院へ行くよう指示されました。専門病院で精査したところ、両手指、両足関節、両足趾に関節炎が確認され、関節リウマチと診断され、投薬治療 続きを読む

初診日を特定する客観的書類がないため第三者証明で請求。障害基礎年金2級に認定。

傷病名:脳性まひ 性別(年齢):男性(40代) 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年額約78万円   相談時の相談者様の状況 脳性まひのため、幼少より歩行障害がありました。小学校4年生のときに、脚の手術を受け、そのときクラスメートが何人もお見舞いに来てくれました。 手術後は数年間経過観察を続け、その後は通院をしませんでした。 20歳過ぎてから障害者手帳を取 続きを読む

請求からわずか1か月半で障害厚生年金3級に認定された人工関節置換術の事例。

傷病名:変形性膝関節症(人工関節置換術) 性別(年齢):女性(50代) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 請求方法:障害認定日請求 受給額:年額約58万円  相談時の相談者様の状況 「HPを見て人工関節でも障害年金が受給できること知りました。」と、お問い合わせがありました。 約17年前に発症したが日常生活に特に支障はなかったので通院せず、その間フルタイム勤務をしていました。最 続きを読む

複数の診断書にて障害厚生年金2級を受給した事例。

傷病名:脳出血による後遺症(肢体及び聴覚の障害) 性別(年齢):女性(50代) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給額:年額約135万円   相談時の相談者様の状況 家族会の紹介にて、ご夫妻で相談に来てくださいました。脳出血(左被殻出血)で右半身麻痺と失語が出現し、救急搬送され、現在リハビリ中のとのことです。複数の症状があり、ご家族では申請は困難とのことで当事務所に 続きを読む

「疼痛で障害年金は受給できない」と言われ当事務所へ、複合性局所疼痛症候群(CRPS)にて障害厚生年金2級決定。

傷病名 :複合性局所疼痛症候群(CRPS) 性別(年齢):女性(40代) 決定した年金種類と等級 : 障害厚生年金2級 支給額 :年額約130万円   相談時の相談者の状況 複数の社労士から、「疼痛で障害年金は受給できない」と断られたとおっしゃり、当事務所へ相談に来てくださいました。整形外科で末梢神経障害性疼痛と診断され治療を受けましたが、改善しませんでした。 仕事に支障が 続きを読む

初診日から半年後の症状固定日を認定日として請求 障害厚生年金1級決定

胸椎損傷  男性 30代 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 支給額:年額約140万円+子の加算約60万円   相談時の相談者様の状況 弁護士事務所様からのご紹介で相談いただきました。車いすのため最寄り駅まで出張しお話を伺いました。 バイクで走行中、一時停止を無視した車と衝突し転倒しました。意識を失い救急搬送され入院。事故当日より、胸椎6番の損傷により胸から下の感覚が 続きを読む

お薬手帳で初診日を証明し、障害厚生年金3級が決定

傷病名:変形性膝関節症(両ひざ人工関節置換) 性別(年齢):男性(50代) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 請求方法:事後重症請求 受給額:年額約113万円    相談時の相談者様の状況 当事務所のHPを見て相談に来てくださいました。数年前から両膝の痛みのため整形外科に通院していたが治らず、人工関節を装着したとのことでしたので、障害年金を請求したいとのことでした。 続きを読む

ヤール3度のパーキンソン病にて厚生年金3級が決定。

傷病名:パーキンソン病 性別(年齢):女性(50代) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 請求方法:事後重症請求 受給額:年額約90万円   相談時の相談者様の状況 タクシーで面談に来てくださいました。10年ほど前に転倒しやすくなり、手足の動きにくさを感じるようになり近所の整形外科を受診。精査を勧められ大学病院へ転院し、パーキンソン病と診断されました。手の痺れなどを感 続きを読む

<< 前の記事を見る