MENU

専業主婦

脳挫傷により障害基礎年金1級受給。

傷病名:脳挫傷 性別(年齢): 請求方法: 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 受給額:年額約97万円 相談時の相談者様の状況 面談にはご家族が来てくださいました。 交通事故で頭部を負傷し、救急搬送先で、脳挫傷、頭蓋骨骨折、急性硬膜下血腫と診断され、食事・移動(車椅子乗降時2人介助)・排泄・清潔・コミュニケーション・内服等ADLは全介助となりました。 その後リハビリのため転院 続きを読む

障害厚生年金2級を選択したケース 年額約136万円を受給。

傷病名:うつ病・強迫性障害 性別(年齢): 請求方法: 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額約136万円 相談時の相談者様の状況 2年ほど前に、人工関節置換術による障害厚生年金3級受給のサポートをさせていただいた方からのご相談をいただき、ご自宅へ伺い面談しました。 異動により業務が変わった頃からストレスが増大。人間関係にも悩み始めました。 食欲不振、体が思うように 続きを読む

脳出血により障害基礎年金1級決定し、約97万円受給した事例。

傷病名: 脳出血 性別(年齢):女性(50歳代) 請求方法: 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級決定 受給額:約97万円受給 相談時の相談者様の状況 ご本人は外出が難しいため、ご家族が面談に来てくださいました。 6年ほど前、呂律が回らない、ふらついて歩けないなどの症状が出現したため、病院へ救急搬送されました。 脳出血と診断され、投薬、加療。その後リハビリを経て退院しました。 続きを読む

反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級 約160万円を受給した事例。

傷病名:反復性うつ病性障害 性別(年齢): 請求方法: 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給金額:約160万円 相談時の相談者様の状況 事務職として勤務中に、新入社員の教育担当となったころから、不眠や息苦しさが出現しました。不安感が増大し、胸が苦しくなり、夜眠れなくなりました。家族の勧めで心療内科を受診。主治医から休職するよう指示され1か月ほど休職し自宅療養をしました。 復 続きを読む

広汎性発達障害、軽度知的障害で5年の遡及が認められ障害基礎年金2級が決定した事例。

傷病名:広汎性発達障害・軽度知的障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:約555万円(遡及額を含む) 相談時の相談者様の状況 出産後、子どもの育児を一切せず、大声で奇声を発するようになってしまった娘を心配してお父様が当事務所にご相談にいらっしゃいました。 ヒアリングを行ったところ、軽度知的障害はあるものの日常生活には問題がなく学校卒業後には一般企業に勤務し、結婚をされまし 続きを読む

症状が重く外出ができなかたっため、ご自宅を訪問し障害厚生年金2級が決定した事例。

傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:約145万円(加算額を含む) 相談時の相談者様の状況 線維筋痛症を患っており、外出が難しいため当事務所がご自宅に訪問しお話をお伺いしました。 仕事が忙しくて睡眠時間がなくなり不眠が発症。その後、こめかみ部分の頭痛と身体の痛みが出たため精神科を受診し、うつ病と診断されました。 その後、手足にしびれや強張りが出たため皮膚科を 続きを読む

一度不支給となり4か月後に再度請求した結果障害基礎年金2級受給した例。

傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:加算を含め約123万円 相談時の相談者様の状況 一度ご自分で診断書作成依頼し書類をそろえて障害認定日で裁定請求しましたが、結果は障害認定日および事後重症ともに不支給となりました。  結果に納得ができず、無料相談へお越しくださいました。 お話しをうかがうと、診断書がどちらも軽く書かれていると感じたがそのまま提出してしまった 続きを読む

食道がんで障害基礎年金2級、遡及も認められたケース。

傷病名:食道がん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:遡及分含め約400万円 相談時の相談者様の状況 ご家族が無料相談にいらっしゃり、状況を詳しくヒアリングしました。 Aさんは、食べ物が呑み込みづらいと感じていましたが、その後、嘔吐や食欲不振などの症状が出現したため近くの胃腸科医院を受診しました。内視鏡検査により食道がんと確定し、大きな病院へ行くよう紹介状を渡されました。 続きを読む

主治医に障害年金は無理と言われたが障害厚生年金3級受給した例。

傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:約58万円 相談時の相談者様の状況 主治医に障害年金受給は無理ですよと言われたけれど、本当に無理でしょうかとおっしゃり、可能性を確かめたいと無料相談にいらっしゃいました。 お話をうかがうと、就業は無理であり、家事もご主人に助けてもらっていること、希死念慮もあることがわかりました。 初診のメンタルクリニックは廃院していまし 続きを読む

卵巣がんでの受給。

Yさんは、3年前のがん検診で卵巣に異常があることがわかりました。 婦人科で検査を行ったところ卵巣がん見つかり、手術を受けました。 卵巣がんは、婦人科系のがんの中では乳がんの次に発症が多いがんです。また卵巣は体の奥にあるため自覚症状が少なく、発見されたときにはすでに他の器官に転移している場合もあります。 Yさんの場合も、術後、摘出できなかった腫瘍を抑えるため化学療法を受けていましたが、1年後に腹 続きを読む