MENU

障害年金の更新について

障害年金の更新を知っていますか?

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s障害年金受給が決まったあなたへ。

受給をしてから気がかりなことがありませんか?
「いつまでもらえるのだろう?」
「突然もらえなくなったらどうしよう…」

このような悩みを抱えている方は、数多くいらっしゃいます。

障害年金は、「障害の症状」により受給が決まる制度です。
病気やケガが回復すると支給が停止になることもあります。

ここでは障害年金の更新について詳しくお伝えいたします。

障害年金の更新には2種類ある?

障害年金には、「有期認定」と「永久認定」の2種類があります。
有期の場合は、ある一定のタイミングで「障害状態」を見直しされる時期が来ます。

有期認定とは

更新期間は人によって異なりますが、精神疾患ですと1年~2年、人工透析は5年ほどです。
個人によって異なりますので必ず年金証書をご確認ください。

永久認定とは

症状が固定して(改善の見込みがない等)、次回、診断書の提出を求めないことを言います。
その場合、年金証書には「次回診断書提出年月 ※※ 年 ※※ 月」と記載されています。

 

年金証書の確認

まずは、ご自身の年金証書をご確認願います。

年金証書の右下に”次回診断書提出年月日”があります。

共済組合などで年金証書が2枚出ている方は両方を確認ください。

 

 

 

 

 

 

障害年金は、自動更新ではありません。更新期限がありますので、必ずご確認ください!

 

更新時の対応

今回は、更新の時期(通知)が来た時に適切な対応を取れるよう下記項目のご紹介をします

・更新の時期
・更新の流れ

更新の時期

更新の時期は、明確に決まっているわけではありません。
障害の種類や状態によって、1年~5年の間に更新の時期が来ます。
例えば、精神疾患ですと1~2年、人工透析は5年ほどです。

更新の流れ

① 更新する年の誕生月の3ヵ月前の月末に、日本年金機構より障害状態確認届(診断書)が送付されます。
② 医師と相談しながら、適切な診断書を作成していただきます。
③ 誕生日の末日までに提出する必要があります。
  提出先は、障害基礎年金の場合は、市区町村の国民年金課(または日本年金機構)、障害厚生年金の場合は、日本年金機構です。
④ 提出後約3ヵ月で結果が到着します。障害等級に変化がない場合は、「次回診断書提出年月のお知らせ(例)」というハガキが郵送されます。
  障害等級が変わる場合は、「支払い額変更通知書」が郵送されます。

(例)次回診断書提出年月のお知らせ

更新の事例

当センターでサポートした幾つかの事例を紹介します。

一つは、更新の期限が経過した後に
診断書を提出して受給が継続されたケース。

もう一つは、初めての更新時に級落ちして、その後、支給停止事由消滅届を提出して級落ち前の等級が復活したケースです。

うつ病で障害厚生年金2級受給していたが2月に更新手続きをすべきところ9月に提出し(9月の診断書は統合失調症)更新前と同じ2級が通ったケース

傷病名:うつ病、統合失調症

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級

支給額:約125万円

相談時の相談者様の状況

更新すべき年の8月に、「同年2月に1回目の更新をすべきでしたが、どうしても通院できなかった。どうしたらいいでしょう?」とのメールを頂きました。

相談時から請求までのサポート

初回申請の書類一式のコピーをお持ちでなかったため、年金事務所から取り寄せ、確認することから始めました。

ご本人は、同年7月からようやく通院を再開していました。
同年2月から7月までどこにも通院していなかったため、2月の状態の診断書入手を断念し、現状での診断書を医師に作成依頼しました。

診断書を確認すると、病名がうつ病から統合失調症に変更になっていました。
同時に、面談で、2~7月までの状態をヒアリングしまとめ、提出が遅れた理由を別途申立書として更新診断書に添付して提出しました。

結果

3か月ほどして「2級継続になった。通るかどうかとても不安だったので本当にホッとした!」とのご連絡をいただきました。

 

スペルガー障害とうつ病で初めての更新時に級落ち、支給停止事由消滅届を提出し2級が復活したケース

傷病名:アスペルガー障害とうつ病

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給額:約78万円受給

相談時の相談者様の状況

ご本人が支給額変更通知書を持参し相談にいらっしゃいました。

申請は区役所の方の力を借りてご自身で行いました。解雇や退職を繰り返し無職の時に申請し、障害基礎年金2級となりました。

初回の更新もご自分で手続きし、診断書の内容をあまり意識せずに提出してしまいました。
その結果「障害等級の3級に該当したため、障害基礎年金の支給を停止しました」との支給額変更通知書が来てしまいました。

相談時から請求までのサポート

お話をうかがうと、更新の診断書を提出したときは障害者雇用枠で週5日の勤務となっていました。

支給停止事由消滅届は通知を受け取った直後に提出することもできますが、
病状に変化のない状況ではほぼ同じ診断書内容となるため同じ結果が出ると考えられたので、少し様子を見ることにして時々病状を確認していました。

半年ほど経過し、異動により上司が変わり病状をなかなか理解してもらえなくなり、
不安や無力感、気分の落込みが強くなり、夜になると壁に頭をぶつけるなどの症状が出現したため、このタイミングで医師に診断書作成をお願いしました。
支給停止事由消滅届には日常生活、業務内容、職場のサポートなどの詳細まとめを添付しました。

結果

結果、2級が復活し支給再開となり、ご本人もホッとされていました。

 

当センターのサポートの流れ

① お申込み
電話、メールまたはお問合せフォームより、ご相談内容を記入の上ご連絡ください。
尚、当センターで手続きをされた方は、更新前にご案内を差し上げます。
当センターに、サポート業務をご希望の方は、電話、メール等にてご連絡ください。

② ご契約及びヒアリング
ご契約後、面談またはメール等で障害状態を確認させていただき参考資料を作成します。

③ 診断書の用意
更新月中の診断書(現在の症状)が必要になります。当事務所で参考資料を用意し、ご本人にお渡しします。
これを持って、この期間中に必ず受診をしてください。
完成後に当事務所で内容を確認し、必要に応じて修正を依頼します。

④ 申請
用意した書類一式を当事務所が年金事務所に提出致します。

⑤ 審査結果通知
相談者様宛に、「診断書(障害状態確認届)の審査結果について」または「支給額変更通知書」が郵送されます。
相談者様は上記(コピー)を当事務所宛てにお送りください。当事務所で内容を確認します。

⑥ 報酬のお支払い
当事務所で「支払通知書」を確認し、(受給が決定した場合のみ)相談者様宛に請求書を送付送致しますので報酬のお振込みをお願いします。

 

料金表

更新

着手金0円+報酬(①,②のいずれか、高い金額)
①年金の1ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
②最低保証額10万円(税別)

※事務手数料:1万円(税別)を契約時にいただきます。

おわりに

中村先生障害年金の更新に関しては以上です。

いかがでしたか?

最初の申請と同じように、色々と手間がかかるのが更新手続きです。
また、支給停止の可能性もあるため、少し不安かもしれません。

もし少しでもあなたが不安に感じたなら、ぜひ東京中央障害年金相談センターまでご相談ください。

「次回診断書提出年月のお知らせ」や「支給額変更通知書」があなたの元に届いたら、ご連絡頂けたら適切な対応方法をお伝えできます。

あなたからのご相談を心よりお待ちしております。